物件問い合わせ・内見までに調べたこと ~戸建て2号~

チェック・ボールペン 戸建て2号

昨夜からの勢いで、
仲介業者さんに問い合わせを入れました。

物件をネットで見たこと、
内見希望であることを申し出て、
売却理由を聞きました。

スポンサーリンク

売却理由の確認

売主様は、
相続で物件を引き継がれたが、
別の場所に自宅があり、
使う予定はないため売却されるとのこと。

前所有者の孤独死が心配になり、
建物内でお亡くなりに
なったのでしょうかと質問。

病院に運ばれて息を
ひきとられたとのことで、
一抹の心配は
取り越し苦労に終わりました。

建物について確認

建物について、
傾きがあるとか、
雨漏りしているところがあるとか、
そういった問題はありませんか、と質問。

傾きはない、とのこと。

雨漏りは、
2階の洋室のトップライトで
発生したことがあるとのこと。

どのように修復したのか、
もしくは修復していないかは
所有者が変わってしまい
分からないとのこと。

室内については、
住んでいたのでそれなりの使用感があります、とのこと。

電話で聞いた限り、
2階の雨漏り箇所の程度は要チェックだと感じましたが、
他は大きな問題はなし、という印象でした。

良さそうな感じです。

内見日:夜に

内見日について調整しましたが、
担当との都合の合う日がないため、
やむを得ず、私の会社帰りに行くことにし、
夜の内見をすることにました。

約1週間後の20時~20:30に
現地待ち合わせとし、
住所を聞いて、電話を終えました。

(すでに価格が割安と感じていたので、
 もっと早く内見に行きたかったのですが、
 担当者の内見対応可能日との都合が
 合わず、他から購入申し込みが入り
 買い逃すのではと、落ち着かない
 1週間を過ごすことになってしまい
 ました)

ネックポイント・内見までにやっておくこと

物件のネック内容としては、
口頭ベースの現状では、雨漏りだけ
といったところ。

あとは、リフォーム費用と
見込み家賃次第。

そして、金融機関からの融資次第で
良い物件になると、
テンションが上がってきました。

内見時に、見終わってすぐに
購入申し込みを入れることができるように、
内見までの間に、
グーグルストリートマップ上での
正確な物件の位置、
見込み家賃の精査、
路線価から土地の積算評価額を
調べておきました。

(見込み家賃について、
 物件問い合わせ時は、
 大枠いくらくらいという
 感覚を掴む程度には調べていましたが、

 今回は、募集中物件について、
 最寄駅はじめ隣駅のもの等
 範囲も広げて、より細かく調べました。

 調べるのに使用したのは
 貸家1号の時と同じく、
 HOME’S家賃相場です)

そうして待つこと1週間。

いよいよ内見日になりました。


応援クリックをお願い致します。
(クリックして費用が発生することはありません。ランキングサイトでの当ブログの順位が上がります。クリックは1日1回有効です)
  ↓↓


不労所得ランキング


本を出版しました
戸建て投資のノウハウ本です。

出版した書籍「戸建て投資マニュアル」の内容構成・目次&私のプロフィールはこちらです。
  ↓ ↓
戸建て投資マニュアルの目次&プロフィール

拙著「戸建て投資マニュアル」をご購入頂いた方のご感想等はこちらです↓↓
noteー大家さんYuTa


当ブログの更新情報を、ブログの更新と同時にツイートしています。
是非、ツイッターでフォローもして頂けると、嬉しいです。


続きの記事 ↓↓

前の記事 ↓↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました