「本を出せた方法」を公開

本を出した方法 出版した方法

書籍「戸建て投資マニュアル」を出版できた方法を公開します。

note「コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出した方法
50%OFF還元公開中990円
2020年5月31日まで・・・990円
6月1日~・・・1980円予定

note「コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出した方法」で、
出版業界に知り合いがいるわけでもなく、
本を出した知り合いもいない、
著名人のように知名度があったわけでもない、
いち会社員の私が、
本を出版できた方法を公開します。

本を出版するまでに私が実施したことが分かります。

それをご覧頂き、本を出版する方法をお分かり頂けます。

【このnoteで分かること
 ・一般個人が本を出すまでに実施したこと
 ・企画出版(商業出版)で本を出す
 ・出版社アプローチ
 ・出版社アプローチ書類とその内容詳細
 ・出版社アプローチ書類の作り方
 ・知名度なしで本を出した人の実施事項、切り口
 ・とてつもない実績があるわけでなくても本を出した人が本を出すために実施したこと、考え方
 ・出版関係のコネなし、知り合いなしで本を出した方法

私が出版した本は、不動産投資の本になります。

そのため、不動産投資の本を出したい方はもちろんですが、

このnoteでは、不動産投資でない本を出したいという方にも、出版までにやったこと出版社に対して実施したこと出版するための視点のもちかた切り口について、と、応用できることばかりです。

ノウハウ本・ハウツー本を出したいとお考えの方は、自分の実績はまだ小さいからと諦めるのはやめましょう。

もちろん、実績が全くない状態で、すぐに本が出せるという話しではありません。

しかし、大成した人だけが出版できるというものでもありません。

出版したときの私の実績は、私より実績(不動産投資規模)の大きい方はごまんといる内容でした。

しかし、出版できた現状があります。

自分はまだ実績が足りないからと思わず、私が本を出すまでの内容をみてみてください。

出版に向けて、何から始めて、どうすれば良いか、このnoteに詰め込みました。

初めから諦めずに、行動(出版社にアプローチ)に移してください。

スポンサーリンク

本を出した方法を公開する意図・理由

note「コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出した方法」で本を出した方法を公開する意図・理由は、

・良い本が増えてほしい
・有益な本が増えてほしい
・実績を積み上げている過程の情報・プロセスの段階での本・情報が増えてほしい
・実は優良ノウハウを持っているのに自分では気づいていない人が公開に動き出してほしい
・ノウハウを持っているが出版を考えたことない人が考えるきっかけにしてほしい

からです。

有益な情報を載せている本が増えてほしい、
本当に収支がプラスになっているノウハウがもっと広まってほしい、
自分のノウハウの価値に気づいていないが実は多くの人が参考にできるノウハウを持っている人が、
出版の仕方が分からない・難しそうというイメージから動かない人が動いてほしい、
と考えているから、「本を出した方法」を公開します。

良い本が増えてほしい・有益な本が増えてほしい

たとえば不動産投資の本であれば、著者の保有物件をよくよく計算してみると、金額や借入額の割りに収入が少ない、プラスがでていない、というケースがままあります。

資産総額や借入額が高額・膨大であったり、物件購入価格が激安・超低価格、という部分を大きく謳う方が、書店に並べた時インパクトが大きいから、というのが理由の1つです。

極端な金額の方が、目を引きます。

しかし、内容をよくよくみてみると、賃料収入総額からローンの返済や固定資産税等コストを差し引くと、手残りがあまりない内容のものもあります。

書籍化するのに、手残り額より、資産総額や借入額の方が、表に出すにあたりインパクトのある金額にしやすい、ということが挙げられます。

また、不動産投資なのにこんなに安くてもできるの?と注意を引き付けインパクトを出す場合、物件購入価格を表に打ち出します。

投資としては、本来、リフォーム等を上乗せした総額の方が重要ですが、やはり表に出すにあたって、そちらを打ち出します。

それの良し悪しを言いたいのではありません。

そういった本から学ぶことも多く、ゴールまでのロードマップが見える化でき、ノウハウを取得できてと良い部分も多くあります。

難点は初心者の方は、それをまるまる鵜呑みにしてしまう傾向にあることです。

注意を引き付けるインパクトのある数字から入り、憧れて、すぐに自分もそうなれると錯覚します。

それが綱渡りでない方法ならまだしも、リスクヘッジの方法を知らないと危険な手法もあります。

やってみないと分からない部分が多く混在するので無理もありません。

そういった本・情報は、再現性に乏しい内容であることも多くあります。

ノウハウコレクターになる人が多いのも、これが原因の1つです。

そのため、数字のインパクト重視でなく、突飛な手法でなく、再現性の高い方法が広く伝わるように、多く出てくるようにと、このnoteを作りました。

note【コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出した方法】はこちらから ↓↓

note【コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出した方法】の案内ページをみる

実績を積み上げている過程の情報・プロセスの段階での本・情報が増えてほしい

成熟したステージに・大成した人に到達するまでの詳細を述べた本は多くありません。

資産総額が数億円やそれ以上、家賃収入が大きくなり脱サラしました、という、成熟した人、ある意味ゴールした人の内容でなく、
それに向かっている人、ゴールへ向かって駆け上がっている最中の人の本も、もっと増えたら良いのにと私は考えています。

なぜなら、過程にある人の本・情報は、始めたばかりの人に、より役に立つと感じているからです。

始めたばかりの人にとって、成熟したステージの方より近い内容のため、始めたばかりの読者の段階でできることが多く、読者に具体的に有益と感じるからです。

不動産投資でいえば、たとえばリフォーム費用。

リフォーム業者のコネクションや単価は、経験の差から、成熟した方より、始めたばかりの方の方が、通常、高くなります。

成熟した方は、依頼した回数も金額も多く、コネクションができており、それで単価が安くなります。

しかし、これから始める人はコネクションがありません。
一見さん価格になります。

他にも、物件の選別や、仲介業者とのやり取り、価格交渉、ローン、等々数多くあります。

ローンにいたっては特に時流の違いも大きく影響します。

そのような経験値の差がでるところ、できることに差が大きく出る部分は特に、これから始めようとしている読者に近いステージの人の方が、参考にしやすい、真似しやすいです。

そのため、大成する前の段階・ステージを上っている過程・プロセスの段階の詳細なノウハウ本も増えたら良いと考えています。

ゴールした人の本の内容を目標に、いま階段を上っている半歩先の人と伴に、そこに向かっていければ良いと考えています。

しかし、成熟したステージでない人の本はなかなか出版することができません。

理由の1つは、数字・金額的インパクトが薄いから、です。

しかし数字的インパクトが薄くても、多くの人に役立つノウハウ、実は、より多くの人の参考になるノウハウというのは多くあります。

そういった内容の本・ノウハウ・情報が、もっと出てほしい。

大成した人の本・情報はある意味、夢・理想・目標、です。

それに向かうため、その手前の・そこに至るまでの・駆け上がるまでの内容、駆け上がっているところの詳細情報・ノウハウが欲しい、それを必要としている、という人が多くいると感じています。

お金ができたあとでは資金力でのカバーもできてしまいます。

資金力がつく前の段階の情報を必要としている人も多くいます。

そのため、大成する過程の段階でのノウハウ本が増えてほしいというのが、このnoteを作った理由の1つです。

発信の仕方が分からないだけの人も

実は、世に発信していない人で良いノウハウを持っている人は多くいると感じています。

その中には、発信の仕方が分からない、という人もいます。

そこで、発信の仕方の1つである出版の方法を公開することで、そういった人の発信が増えると良いと考えています。

発信の仕方が分からないだけで、方法が分かれば取り組みへの抵抗が下がり、動く人が増えるのではと考えています。

また、中でも出版であれば、やりがいを感じる人が多いのでは、良い目標になるのでは、と考えたこと、
方法が分かれば、持っているノウハウのブラッシュアップにより力を注ぐことができ、良質なノウハウ構築に繋がり、より良い情報が、より増えるのでは、と考え、
このnoteを作りました。

自分の内容は人に伝えるほどのものでもないと考える人も

自分の内容は、まだまだである、人に伝えるほどのものでない、と考え、世に発信していない人もいます。

大成した人と自分の内容を比較し、そう考えます。

私自身もそうでしたので、よく分かります。
(今でも時々そう思います)

しかし、実際に情報を発信してみると、思いがけない感想をもらえます。

1人でも為になった・参考になったと言ってくれる人がいれば、その人のためにも一生懸命発信を続けることです。

するとそういう人が増えていきます。

私が本を出したのも、そういった人達の後押しがあってのことです。

今度は私が後押しする立場になれたらと思い、このnoteを作りました。

自分の内容なんかではと自らさじを投げる前に、自分の内容でも本を出せないか、出す方法はないかと、行動してみてはいかがでしょうか。

上手くいっているから公開しない・興味もない人も

上手くいっていると出さない、というのも感じます。

たとえば不動産投資であれば、賃料収入が順調に入ってきて、自分の満足のいくペースで進めることができていると、本を出す・ノウハウを公開する、ということを考えもしない、むしろ公開したくない、という人もいると思います。

実は私もそう思ったことがあります。

自分のイメージした通りに運営ができており、賃料収入でローンの返済ができて、プラスの賃料収入が貯まってくる、次第に物件の買い足しは賃料収入分で出来るようになり、資産で資産を増やしていく状態に入る。

すると、これを地道に続けていけば、と思い、ノウハウを公開しようということは考えないです。

公開する理由も見つかりません。

そんな中、私の場合は、複数の友人・知人に、どうやっているのか教えてほしい、と言われたことをきっかけに、公開しました。

公開した方法はブログ。

そのブログを通して、なぜ自分のノウハウを公開するのか、真似されたらマイナスじゃないのかと言われたこともありました。

そこで、そう思う人もいるのかと思いました。

なので、上手くいっているためにノウハウを出さない、という人もいるのです。

そういった方々も、本を出す、著者になる、ということなら、情報を公開するのではと考えました。

上手くいっていて収入規模も大きいと、おそらく情報公開する必要性を感じず、私のように人から言われないと、考えもしないと思います。

そこで、このnoteをみて、方法が分かれば、自分の内容をこのnoteに沿ってまとめるだけ、と手間が減る。
かつ、私の後押しをしてくれた方々のような人がいることを知り、自分の内容も役に立つのかもと動き出してくれるかもしれない。

そのためにも、このnoteを作りました。

note【コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出した方法】はこちらから ↓↓

note【コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出した方法】の案内ページをみる

本を出したときの私のプロフィール

会社員
34歳
不動産投資規模:もっと投資規模の大きい人多数
ブログ歴:10か月・記事数90記事程度

おわりに

このnoteで、出版・本を出す、とうことが、少し身近になり、先述のような本が増えること、先述のような情報が増えること、
自身の情報を発信することの目標の1つになり発信する人が増えることで
有益情報公開促進の一助となれれば幸いです。

自分の実績はまだまだだからと諦めず、自分でもできること、にフォーカスしてみてはいかがでしょうか。

将来のビジョンの1つに、出版、を加えてみてはいかがでしょうか。

感想をお願いします

note「コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出した方法」を読んで頂き、
良かったという方は是非、Twitterでコメント付きリツイートをお願いします!

Twitterを使用していない方は、noteに記載のメールアドレスまで、是非ご感想をお寄せください!


応援クリックをお願い致します。
(クリックして費用が発生することはありません。ランキングサイトでの当ブログの順位が上がります。クリックは1日1回有効です)
  ↓↓


不労所得ランキング

note【コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出せた方法】はこちら ↓↓

note【コネなし知名度なしの一般サラリーマンが本を出せた方法」の案内ページをみる

私が出した本について

書籍「戸建て投資マニュアル」の内容構成・目次&私のプロフィールはこちらです ↓↓

戸建て投資マニュアルの目次&プロフィール

拙著「戸建て投資マニュアル」をご購入頂いた方のご感想等はこちらです↓↓
noteー大家さんYuTa


当ブログの更新情報を、ブログの更新と同時にツイートしています。
是非、ツイッターでフォローもして頂けると、嬉しいです。


LINEでもブログの更新情報を通知中。
大家さんYuTaのLINE
 ↓↓

 ↑↑
友だち追加ボタンをクリックして、
友達登録をし、トークから、スタンプorメッセージをお送りください。
(最初に送るスタンプorメッセージの内容は何でもかまいません。登録するためのものです)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました