価格交渉の結果:不動産投資デビューならず

広い遠い景色 戸建て1号

仲介業者さんに、

売値680万円のところ、

530万円での価格交渉を
お願いしてから
10日ほど経ったある日、
携帯がなりました。

価格交渉を依頼した
仲介業者さんからの着信でした。

ドキドキしながら電話に出ました。

あいさつも早々に、
売主様に530万円をぶつけてきた結果です、
とのこと。

(ドキドキ)

・・・・・

530万円は、ダメでした。(仲介業者)

(ガーーン)

ダメですか...。(私)

530万円はダメでしたが、

630万円であればOK、

とのことでした。(仲介業者)

(ビミョーだなぁ)

630万円では

いかがでしょうか。(仲介業者)

う~ん、正直、上限は570万円と

考えてました。

それ以上は見送ろうと

思っていました。(私)

(570万円で再交渉すると
言ってくれないかな。
そして次の交渉で、
間とって600万円はどうか、と
ならないかな)

そうですか。

では今回は難しいということで。(仲介業者)

(再交渉してくれないかぁ。あっさりだなぁ)

もし1~2か月後なり時間が経って、

売主様のお考えが変わるようでしたら

是非教えてください。(私)

分かりました。

その際はご連絡します。(仲介業者)

こんなやり取りをし、

初回の価格交渉はうまくいかず、

この時点では契約締結に進めませんでした。

仲介業者さんには、

上限570万円と話しましたが、

実際のところは600万円を上限と

考えていました。

内装工事費約100万円+諸経費約50万円を見込み、

本体600万円+150万円で合計750万円。

賃料7.5万円として、

合計は750万円に抑えたいと。

この時点では、

深追いは良くないと自分に言い聞かせ

引き揚げました。

(それと、1~2か月経てば
売主様も妥協するのではと
ひそかに思っていました。)

今であれば、

600万円になりませんか、

600万円であれば買います、

と言っちゃいそうですが。

なんにせよ希望額と

30万円の乖離があり、

まだ大家さんを始めることは

できませんでした。

今となっては30万円ですが、

当時のなんの経験もない自分にとって

30万円はとても大きかったです。

2か月くらい経ったら、
仲介業者さんに、
売主様、価格変更のお考え
されてませんか、と
連絡してみようと思い、
この時はこれで終わりました。

結局、2か月を待たずして、
自分から電話してしまうことに
なるのですが...。


応援クリックをお願い致します。
(クリックして費用が発生することはありません。ランキングサイトでの当ブログの順位が上がります。クリックは1日1回有効です)
  ↓↓


不労所得ランキング


本を出版しました
戸建て投資のノウハウ本です。

出版した書籍「戸建て投資マニュアル」の内容構成・目次&私のプロフィールはこちらです。
  ↓ ↓
戸建て投資マニュアルの目次&プロフィール

拙著「戸建て投資マニュアル」をご購入頂いた方のご感想等はこちらです↓↓
noteー大家さんYuTa


当ブログの更新情報を、ブログの更新と同時にツイートしています。
是非、ツイッターでフォローもして頂けると、嬉しいです。


続きの記事 ↓↓

前の記事 ↓↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました