2か月で退去されてしまいました。違約金自力回収。 ~戸建て2号~

解約申し入れ書 戸建て2号

戸建て2号は、入居から2か月で退去されました。

戸建賃貸での早期退去はダメージが大きいです。

特に私は、不動産投資をはじめたてで、
2物件目ということもあり、
精神的ダメージも大きかったです。

私がとった対応や乗り越え方、
結果いまどうなっているかが
参考になればと思います。

スポンサーリンク

退去通知がやってきた

退去通知、それは突然やってきました。

入居申し込みを取得し賃貸借契約を
締結してくれた仲介業者さんより、
なんの前ぶれもなく。

携帯が鳴りました。

退去通知だとは夢にも思わず、
なんだろう、と
無防備に電話に出ました。

「○○不動産の○○です~。
 大家YuTaさん、お世話に
 なってます~」

「はい、お世話様です~」

電話口はいつもの元気な感じでした。

なんだろうと思っていると
「ちょっとご報告がありまして」
と切り出されました。

「戸建て2号の入居者さんから
退去するとの連絡がありました」

「へっ?どういうことですか」

一瞬なにがなんだかわかりませんでした。

なにか不備があったのか、設備に
故障があったのか、理由はなんなのか。

さいあく引き留められなければ、
つぎのために改善すべき内容を聞き
たい、と。

すると、退去の理由は「離婚」との
ことでした。

............

ど、どうにもできない...。

入居者は3人家族のファミリー。

子供は2歳。

契約者は、奥さんでした。

奥さんは建設会社の事務員さん、
旦那は大工さん。

30歳前後の夫婦でした。

子供も小さいので、戸建て1号の
ように長く住んでもらえるかと
喜んでいましたが、
離婚とは盲点でした。

(盲点といっても、世間的に
 離婚は多いようですが、私は
 自分の物件の入居者が離婚して
 退去するとは、
 全く考えていませんでした)

結果論かもですが、30歳前後の夫婦で
契約名義人が奥さん、という時点で
要注意だったのかも分かりません。

物件についてや、近所付き合いは
全く問題がなく、むしろ入居者の
奥さんは、お隣さんも小さい子のいる
ファミリーで、すでに仲良くなって
いたようで、とても名残惜しいが、
離婚するため、経済的に、実家に
帰ることにするとのことでした。

内容的に引き留められないと思い、
仲介業者さんの誘導に従い、
粛々と解約手続きを進め、
またあらたに入居者募集をする
決意をしようと思いました。

室内状況(クロスがビリビリ、ガスコンロを持って行かれた)

退去に伴い、現状確認に行った際、
ガッカリしました。

当日は、仲介業者さん、私、そして
入居者の契約名義人本人(奥様)で
貸家2号に集まりました。

住んで2か月、どんな状況だろう、
2か月だからそこまで費用がかかる
ことはないだろうと願いながら、
でも離婚だから夫婦ゲンカで家が
ぐちゃぐちゃになってたらヤダなぁ、
と心配しながら
中に入りました。

玄関入ってすぐは、ほぼ、自分が最後に
見たときのままだったので、
胸をなで下ろしましたが、
LDに入って、ガッカリしました。

そこには、引き裂かれたクロス。

(なんだこれ。離婚...。夫婦ゲンカ
 かなぁ。)

(クロスの張替費用は、しっかり払って
 もらわなければ)

仲介業者さんの方を見ながら、
入居者さんも交えるかたちをとって、
ここ、ビリビリになってしまってますね~
と、入居者さんを責める感じは出さない
よう気をつけながら切り出し、
ここの張替費用はご負担頂く必要が
ありますね、とさらっと、しかし
はっきりと言いました。

すると、入居者さんが、
「すみません、TVケーブルのカバーを
 壁づたいに付けていて、引っ越しのときに
 引っ張ったら、破れてしまいました。
 弁償します」
とのことでした。

たしかによく見ると、言っている通りの
ような破れた跡で、夫婦ゲンカが原因では
ない感じでした。

離婚による夫婦ゲンカでの被害であれば、
他の部屋もボロボロな可能性があると
思っていましたが、
それは大丈夫そうな感じがしてきました。

そしてLDの隣の和室、洗面室、2階へと
確認を進めました。

一通り見てまわりましたが、他は大丈夫でした。

ハウスクリーニングで、LDのクロス以外は
大丈夫そうだと思ってLDに戻ってきたところで、
キッチンのガスコンロがないことに気づき
ました。

あれっ、ガスコンロがない、ですね。

すると入居者の方が、
ガスコンロは頂けると聞いたのですが、
とのこと。

私はガスコンロをプレゼントするなんて
言ってません。

いや、ガスコンロをあげることはないんですが、と話すと、
仲介業者さんが間に入り、
入居者さんと話しはじめました。

どうやら、入居時の説明の、物件の
「設備」と「残置」について、勘違いが
あったようです。

仲介業者さんが少し慌てながら、
ガスコンロは返却が必要なもの、と
説明しています。

入居者さんも困ってしまっていたので、
私が仲介業者さんに、費用で解決する
ことを提案しました。

クロスの張替、ハウスクリーニングと
併せてガスコンロの費用も込みで
見積もりをとること、
そして敷金から差し引くこと、
敷金で足りなければ、足りない分を
負担してもらうことを約束しました。

(ガスコンロはプロパンガス会社の支給品
 ですが、ガス会社と契約しており、
 その契約内容が、10年以内にガス使用の
 契約を解除した場合、本体の残価を支払う
 というものです。
 ということは本体代を払えばよい
 内容なので、費用を回収すればよいと
 考えました。
 次の入居者の方にはガスコンロなしでの
 募集、もしくは新規購入し
 設置することを覚悟して)

短期解約違約金の回収に悪戦苦闘

そして、内装工事業者さんの見積もりを
取得し、入居者さんに連絡をしました。

(自主管理のため、私から入居者さんへ
 直接の連絡です)

見積もりは、敷金で預かっていた金額と
ほぼ同じ金額で、少し上回るくらいです。

その旨、入居者さんに伝え、少し上回る
部分は私が負担するので敷金の返還は
なしとする旨伝え承諾を得ました。

そして併せて、短期解約に伴う、
賃料の1か月分相当額の支払いを
お願いしました。

この電話では、入居者の方もすんなり
承諾し、問題はなかったのですが、
それから2週間ほど経っても、
短期解約に伴う賃料1か月分の
振り込みがありません。

払わないつもりではと思い
連絡しました。

すると、すぐに振り込みます、
すみません、とのことで、
また1週間ほど待ってみましたが
振り込まれません。

また連絡すると、入居者の方が、
まだ振り込まれていませんか?との
返答でした。

どういうこと?と思っていると、
短期解約に伴う賃料1か月分は、
離婚する旦那が払うことになっている、
とのこと。

旦那に払うように連絡する、とのこと。

私からすると、どっちからでもいい、
というのが本音でしたが、契約者は奥さん
なので、奥さんにプッシュしてもらうしかないと思い、
お願いをして電話を終えました。

そして翌日、その旦那から電話がかかって
きました。

もしもしぃ、との第一声が不機嫌そうな
感じでした。

大家YUTAですが、と電話を受けると、
戸建て2号の契約者の元旦那ですがぁ、
と言われ、
なんでオレがあいつの変わりに払わないと
いけないんですかぁ、と言われました。

オレ、払いませんよ。オレ、カンケー
ねぇしぃ、と続きます。

???

(不快な電話スタートですし、こちらが
 旦那に払ってもらってくれとは1言も
 言ってません。
 何言ってんだ?と思ったのが正直な
 ところです)

ですが、ケンカしてもしょうがない、
むしろケンカをすれば賃料が回収できなく
なる可能性が上がる、と思い、
私はご主人に払ってもらえとは伝えてない、
二人がどう話されたのか分からないが、
私はどちらから払ってもらっても
かまわない、ということを平常心をもって
伝えました。

すると旦那は、そうなの?なんかオレが
払えって...
あいつ(奥さん)がまた
テキトーなこと言ったのかぁ、と
矛先が奥さんに向きました。

かぶせるようにして私が、
契約者は奥さんだから私が催促する相手は
奥さんになる旨を伝えました。

そして、その奥さんからご主人が払うと
聞いたことを伝えました。

すると旦那は、
分かりました、あいつと話しつけます、
と言って電話を切りました。

(いや、最初からそうしてくれ...)

念のため奥さんに連絡し、
旦那から連絡があったこと、
旦那と話した内容について伝えました。

奥さんは、すみませんとのことでしたが、
その後ご主人の文句が止まらなくなりました。

それから3日後、ご主人の方に電話しました。

まだ話しがまとまってないんでぇ、と
不機嫌そうな対応をされました。

また3日後、ご主人に連絡しました。

奥さんと話ができたとのこと。

(じゃぁ、支払いを)

しかし、奥さんが半分を自分に振込次第、
こちらに振り込むことになった。

だから奥さんが振り込むまで、こちらに
振り込めないとのこと。

いつ支払えるかは、奥さんに聞いてくれ、
とのこと。

(なんじゃそりゃぁ、他人への振込は
 先に済ませて、内輪の話しは
 後でやってくれぇ)

内容確認も含めて、奥さんに連絡することに
しました。

奥さんに聞いてみると、たしかに折半する
ことにしたとのこと、
しかし大家さん(私)への支払いは
すぐにすればいいのに、あの人何やってるん
だろう、とのことでした。

なんにせよ奥さんが主人に払えば、
私に振込されるため、奥さんにお願いし
電話を終えました。

それから1週間、振込はありません。

ご主人に電話しました。

あいつ(奥さん)からの振り込みがない、
とのこと。

奥さんに連絡しました。

ご主人への振込は済ませたとのこと。

旦那から振り込みすることになっているから
自分に言われても分からない、と
旦那に言ってくれのこと。

旦那に電話しました。

奥さんからそう聞いたことを伝えました。

すると旦那は、お金がない、半額に
負けてもらえないか、とのこと。

それはできない、奥さんからご主人への
振り込みが完了したのだから、すぐに
支払いを、とキッパリ伝えました。

3日後が給料日なので、給料が入り次第
すぐにこちらに振込をすると話をつけました。

しかし3日後、振込はありませんでした。

銀行の反映遅延もあるかと思い、
翌日の夕方に入金状況を確認し、
振り込みがないことを確認して、
旦那に電話を発信。

こちらの口座では入金確認が取れていない
旨、伝えました。

分かったよ、払えばいいんだろう、払えば。

はい、そうです。そうなればこんな電話は
しません。

明日払うよっ。ガチャ、ツーツー。

(ホントかなぁ)

翌日。

入金がありました!

きちんと賃料1か月分!

やっと終わりました。

終わりよければ全て良しと思い、
ご主人に感謝の電話をすることに
しました。

するとぶっきらぼうだったご主人が、
いろいろとすみませんでした。夫婦間の
話しにも巻き込んでしまって。

(ホントですよ。でもその言葉は
 感動です)

お互い頑張りましょうと挨拶し、
終えました。

感想

賃料の回収はとても大変なことだと
今回、つくづく感じました。

離婚が原因だったため、若干、夫婦間の
いざこざに巻き込まれかけました。

自主管理にしているからだといえば
そうなのでしょうけど、
自主管理ならではの経験かと思います。

こういった経験を積んでいけば
百戦錬磨の大家さんに近づけるのかなと
今となっては良い経験ができたと
思っています。

初心者大家でも、結果、回収ができたので
戸建賃貸で自主管理スタートでも
なんとかなるのではないでしょうか。

その後

早期退去により、費用的ダメージは、
敷金でまかなえたため、さほどでしたが、
精神的ダメージがありました。

解約直後は、先述の通り
短期解約違約金の回収に一生懸命でしたが、
回収できた後、虚無感に襲われました。

2か月前に、意気揚々と、無事入居が
決まったので募集を終了してください、と
連絡した仲介業者さん面々に、再度、
募集をお願いしますと話すのも
忍びない感じがしました。

そして、取立てというと大げさですが、
賃料回収がまたあったらと思うと、
ヤダなぁと、正直、思いました、

でも戸建投資をはじめてしまっていますし、
そうそう多いケースではないこと、
結果なんとか回収できたこと、
また同じことがあって、自分で解決できなければ管理を依頼しよう、と
自分を奮い立たせました。

ちなみに、短期違約金を回収した2か月後、
先述のご主人から電話があり、
ご主人の仕事仲間で塗装屋さんがいて、
外壁や屋根の塗装をする際は是非
紹介させてほしい、安くするように
します、と連絡を頂きました。

そしてガスコンロについては、
次の入居者はガスコンロなしで募集をし、
ガスコンロなしで入居が決まりました。

プロパンガス会社との問題は起きていません。


応援クリックをお願い致します。
(クリックして費用が発生することはありません。ランキングサイトでの当ブログの順位が上がります。クリックは1日1回有効です)
  ↓↓


不労所得ランキング


本を出版しました
戸建て投資のノウハウ本です。

出版した書籍「戸建て投資マニュアル」の内容構成・目次&私のプロフィールはこちらです。
  ↓ ↓
戸建て投資マニュアルの目次&プロフィール

拙著「戸建て投資マニュアル」をご購入頂いた方のご感想等はこちらです↓↓
noteー大家さんYuTa


当ブログの更新情報を、ブログの更新と同時にツイートしています。
是非、ツイッターでフォローもして頂けると、嬉しいです。


効率よく不動産投資の知識を身につけたいなら


続きの記事 ↓↓

前の記事 ↓↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました